こんにちは、 株式会社ジェネシックス の徐 廷(@TonnyXu)です。 iPhoneの共通モジュールのベストプラクティスに関してです。

文章が長くなりますので、5回に分けてお届けします。

今回は、4回目となります。

その1

■ 共通プロジェクトを作る

その2

■ コンシューマPJを作る

■ コンシューマPJで共通プロジェクトを引用

その3

■ 引用する後コンシューマPJでの必須設定

その4

■ コンシューマPJを実行する

その5

■ さらに

・ 共通プロジェクトに単体テストを追加

・ オープンソースライブラリを作る

 

 

■ コンシューマPJを実行する

まず、 CommonConsumerViewController.xib ファイルを開いて、下記のように、二つのラベルを追加します。


viewController.xib , adding 2 labels
図21:二つのラベルを追加

CommonConsumerViewController.h ファイルに赤いラベルのアウトレット属性を追加します。CommonConsumerViewController.h
//
// CommonConsumerViewController.h
// CommonConsumer
//
// Created by Tonny Xu on 10/05/26.
// Copyright genesix, Inc. 2010. All rights reserved.
//

#import <UIKit/UIKit.h>

@interface CommonConsumerViewController : UIViewController {
UILabel *resultLabel;
}

@property (nonatomic, retain) IBOutlet UILabel *resultLabel;

@end

注意 ヘッダーファイルに@propertyを追加したので、.mファイルに@synthesizeを追加することを忘れないでください。また、xibファイルにアウトレットとラベルの繋がりを忘れないでください。

次に、 CommonConsumerViewController.m- (void)viewDidLoad メソッドに下記のコードを追加してください。

// 下記のimportはファイルの一行目に追加してください。
#import "GCDevice.h"
// 中略...
- (void)viewDidLoad {
[super viewDidLoad];
if ([GCDevice isIPad]) {
resultLabel.text = @"Yes, it is an iPad.";
}else {
resultLabel.text = @"No, it's NOT an iPad.";
}
}

ここまで、共通モジュールの実装は完了しました。アプリケーションを実行してみましょう。


running on simulator.
図22:シミュレーターでの実行結果

Wow! やった!完成しました。これで、この isIPad メソッドはほかのプロジェクトでも使えるようになりました。

本文の最初に設定した目標の1−4はクリアです!