VOYAGE GROUP エンジニアブログ

voyagegroup_techのブログ
VOYAGE GROUPエンジニアブログです。

イベント

圧倒的な成長を目指す「Treasure2013」(前編)

こんにちは。システム本部 三浦@hironomiuです。

本エントリーは圧倒的な成長を目指す「Treasure2013」(前編改めプロローグ)の続編エントリーです。

Treasure初日、個人開発環境構築
treasure3










今回はTreasure2013の前半戦についてお伝えしていきたいと思います。
又、本エントリーを見て圧倒的な成長をしたいと思って頂けた学生さんは
11月に大規模サービス構築プログラムSunriseがありますのでエントリーお待ちしてます!!

前回のエントリーで触れましたが前半戦は8/12-8/20の7日間で行われました。
今回はその7日間を振り返っていきたいと思います。

前半戦カリキュラム
前半戦7日間のカリキュラムは以下の技術的なキーワード、エッセンスを軸に組み立てました。

- 個人開発環境(Vagrant,VirtualBox,puppet,serverspec)
- バージョン管理 git(github)
- Webアプリケーションフレームワーク(PHP:slim2)
- TDD、ペアプロ
- Webセキュリティ(脆弱性実例)
- OSSソースコードリーディング
- データベース(MySQL)
- チーム開発、リーンスタートアップ、UX

そして組み立てていく上でTreasure2013ではただ技術を詰め込むのではなく
イマドキのモダンなWeb開発を特に意識しました。

講義 Webアプリケーション
講師 前田さん@brtriver
Treasure2013の肝です。座学からワークショップまで幅広く行いました。
講義の内容はslim2を用いたMVCフレームワークの理解、testrunner&phpunitを用いたテスト開発技法、
そしてTDDをテーマに用いたペアプロ、Webセキュリティと書ききれない程に密度濃く幅広く行われました。
講義の理解度を測るためにコーディング時だけではなく座学時も章ごとに学んだ事をテキストに記載し
Treasure2013用のgithubリポジトリににpull requestを投げ講師の指摘が入る念の入り用です。
Treasure生一人一人の理解度を測りながら個別に的確な助言、指摘をしていました。

課題制作時のルール
treasure_web1









Pull Requestからのコメントのやりとり
Treasure_pr















講義 データベース

講師 三浦@hironomiu
本来はjenkinsを用いたCIについての講義を予定していましたがWebアプリケーションの講義の状況から
データベースの理解度が少し浅いのでは?
とCTO小賀さん@makoga、講師陣の間で意見があがり急遽データベースに変更しました。
講義は4人1チームのワークショップ形式で各問題に対してチームで答えを出していく形で進みました。

講義を変更するような臨機応変さも圧倒的な成長に対してTreasure2013が
フルコミットしている一端ではないかと自負しています。

講義抜粋
treasure_db1









講義 リーンスタートアップ/UX
講師 藤井さん@mikihirocks
こちらもチーム単位でのワークショップ形式で行いました。
リーンスタートアップ/UXを題材に資料の題名にある通り、価値を量産するものづくりプロセスについて
実際のサービスの事例、面白い切り口での例えなどを交えながら深く学んでいきました。
Treasure生も価値を量産すると言うことに対して様々な議論、思考を行っていました。

講義表題
treasure_lean1








講義抜粋
treasure_lean2








番外編

休憩時にはVGメンバーからの心のこもった差入れもあり楽しく休憩できました。

VGメンバーからの差入れ
treasure5treasure4










講義後にはVGのラーメン好きメンバーと盛り上がり
某ラーメン屋さんの注文の仕方の課外講義(?)もありました。

注文の仕方を熱心に聞くTreasure生(講師? 楓さん@kaepon1219Treasure_jiro












あれ?講義の時よりも真剣そうな顔をしていますね。笑

前半戦いかがだったでしょうか?
ここから後半戦はこれまで学んだことをベースに4人1チームでのサービス開発になります。
次回は後半戦の模様をお届けします。どんなサービスが出来るかお楽しみに!!

圧倒的な成長を目指す「Treasure2013」(前編改めプロローグ)

こんにちは。システム本部 三浦@hironomiuです。

今年も8/12から8/30までVOYAGE GROUPの夏の風物詩エンジニアインターンTreasure2013が行われました。

結果はTreasure2013に関わった全てのメンバーが最高に楽しく、圧倒的に成長が出来たインターンでした!!

Treasure2013前半戦終了
treasure2














本エントリーは前半戦について振り返りながらTreasure2013の楽しさ、Treasure2013の
テーマである圧倒的成長への醍醐味を皆さんに少しでもお伝えできれば幸いです。
又、本エントリーを見て圧倒的な成長をしたいと思って頂けた学生さんは
11月に大規模サービス構築プログラムSunriseがありますのでエントリーお待ちしてます!!

スケジュール
月日(曜日) 講義
8/12(月) 環境構築
8/13(火) Webアプリケーション
8/14(水) Webアプリケーション
8/15(木)前半 Webアプリケーション
     後半 データベース
8/16(金) 中間課題
8/17(土) 予備日
8/18(日) 予備日
8/19(月) 中間課題発表
8/20(火) リーンスタートアップ/UXデザイン
8/21(水) グループワーク
8/22(木) グループワーク
8/23(金) グループワーク
8/24(土) 予備日
8/25(日) 予備日
8/26(月) グループワーク
8/27(火) グループワーク
8/28(水) グループワーク
8/29(木) グループワーク
8/30(金) 最終日 グループワーク発表

今年は8/12-8/20をVG現場エンジニア3人を講師(更にVG内定者が講師フォロー)とした講義形式の前半戦、
8/21-8/30を前半戦で得た知識をフル動員して4人1チーム計5チームで実際にサービスを作る
グループワーク形式(各チーム毎にVG現場エンジニア2人、人事1人がサポータとして終日フォロー)の
後半戦と言う形で進めました。

又、後半戦で各チームが制作したサービスは最終日に発表を行い
VG社員が評価をし優勝から最下位まで順位を発表します。

前半戦カリキュラム
前半戦7日間のカリキュラムは以下の技術的なキーワード、エッセンスを軸に組み立てました。

- 個人開発環境(Vagrant,VirtualBox,puppet,serverspec)
- バージョン管理 git(github)
- Webアプリケーションフレームワーク(PHP:slim2)
- TDD、ペアプロ、Webセキュリティ(脆弱性実例)
- OSSソースコードリーディング
- データベース(MySQL)
- チーム開発、リーンスタートアップ、UX

フロントサイドアプリや軽く触れたデプロイ運用やCI(jenkins)も含めると更に多くなりますが、
改めて振り返ってみると、とても濃い7日間のカリキュラムですね!!


その前に?
。。。とその前に!
実はTreasure2013は初日の8/12の前から始まっていました。

Treasure2013の参加が決まった学生さん(以後、Treasure生)には参加の連絡と共に
事前課題と言うMissionが伝えられました。

最初のMissionはgithubアカウントを取得しVGで今回のTreasure2013用に用意した
プライベートなリポジトリにteamアサインされることです。
アサインされリポジトリにアクセスが出来るとREADMEに次へのMissionのが登場します。

Mission(スクロールバーの長さに注目!)
treasure1








では具体的にどのようなMissionだったのでしょうか。

- 準備
カリキュラムに個人開発環境がありますが
Treasure生にはPCを持ち込んでもらい自身のPCに開発環境を作り開発をしてもらいます。
そのため予め必要なツール、パッケージの準備を行ってもらいました。
Vagrant、VirtualBox、sshターミナル、etc

- 前提技術
Treasure2013は講義を行う上で前提となる技術が多岐にわたります。

ベースアプリ(GroupWorkBase)に用いた技術
groupworkbase1







前提技術が著しく欠ける場合Treasure2013のゴールである圧倒的な成長が達成できない可能性があります。
そのためTreasure生に必要となる前提技術の一覧を示しTreasure2013の初日8/12までの間に
VG講師陣と一緒に不足している前提技術の習得をしながら習熟度を測っていく方法を模索していました。

CodePirates
タイミング良く別プロジェクトとして進行していたプロジェクトが今回の要件にマッチしていました。
そこでそのプロジェクト(プロジェクト名:CodePirates)を習熟度を測るサービスとしてリリースするよう協力してもらいました。
作成者はTreasure2012卒業生でVG内定者の さるへい@A01saru、しなもそ@sinamon129、にっしー@blackstar240の
三名で去年のTreasure2012のベースアプリを用いて作成しました。

このサービスのおかげで8/12の開始までTreasure生と講師陣で一緒に圧倒的な成長に向けた事前準備を行えました。

ちなみにCodePiratesに載せた問題も手作りでCTO小賀さん@makogaも参加しています。
(むしろ率先して問題を作っていました。(笑))

CodePirates TOP
CodePirates1







問題リスト
CodePirates2










問題
CodePirates3










Treasure講師陣とのやりとり
CodePirates4











余談
今年のTreasure生は20人で事前課題の時点では顔合わせもしていない状態のため静かにスタートしましたが、
講師の前田さん@brtriverが事前準備からフルコミットで参加しTreasure生の回答、コメントに対して
全て返信する姿にTreasure生も徐々に触発され日々Treasure生からの回答、コメントの数が
増えていき熱を持ったやりとりになっていきました。

このCodePiratesでのやりとりから今年のTreasure2013も熱くそして圧倒的な成長が期待できると
手ごたえがあったのをおぼえています。

振り返り
振り返るとTreasure2013前半戦初日の8/12を迎えるまででこんなにトピックが多かったことを改めて驚いています。

事前準備、初日までのTreasure生とのコミュニケーションにおいても沢山のメンバーがTreasure2013の成功に向けてフルコミットして
一致団結し知恵を絞りながら創意工夫した結果がTreasure2013の大成功につながったのではと思っています。

さて、ここから前半戦の講義の様子などをお伝えしようと思いましたが
本エントリーはここまでにして前半戦、後半戦を改めてエントリーしたいと思います。

それでは次回こそ前編(前半戦編)をお楽しみに!!


もの創り実践プログラム「Treasure2012」始まりました!

こんにちは。
VOYAGE GROUP 人事の佐々木寛(@339)と申します。

夏のインターンシップ「もの創り実践プログラム【Treasure】」が8/13(月)スタートしました!
top_trebtn_off


今年の【Treasure】は「チーム開発」、「ユーザ視点」という二つのテーマで開催しています。
昨年までのゼロからプログラミングを学ぼうという内容からリニューアルして、三週間でエンジニアとして圧倒的に成長してもらいます。


今年のテーマ「チーム開発」と「ユーザ視点」について。
・チーム開発
授業や趣味で一人では作ったことがある。グループで課題をこなしたことがある。そんな学生に仲間と共にアイデアを出しながらサービスを創ってもらいます。
仲間と話しながら一人では考えもつかなかったようなアイデアを出したり、一人では創りきれないような大きなサービスをチームで創り上げることにより、私達が大事にしている「仲間と事を成す。」ということを体感してもらいます。

・ユーザ視点
自分や友人が使うだけのシステム、課題で言われて作ったシステムではなく、"どんなユーザにどんな風に使ってもらうのか?"を考えながらサービスを創る。そのための考え方や経験を積んでもらいます。
誰のために、何のためにそのサービスを創るのか。本気で考え抜くなかで「本質を追い求める。」力を身に付けてもらおうと考えています。



さて、その【Treasure】ですが、本日で開始してから3日目、前半の講義も中日となりました。
これまでの講義内容は・・

▼初日
・ガイダンス
・環境構築

▼二日目
・バージョン管理
・webアプリケーション

▼三日目
・プロジェクトマネジメント

となっています。


初日は比較的余裕そうだったTreasure生達も、二日目、三日目と講義・課題の内容もどんどん濃く、難しくなっていく中で目の色を変えて真剣に取り組んでいます。

Treasure2012



越えなければならない壁は高く見えますが、この壁を乗り越えた後に見える景色はきっと素敵なものとなっているでしょう。



挑戦し続け、最終日には仲間と共に「やりきった!いいものを創った!」と心の底から笑顔で言えるTreasureを今年も20名のインターン生と総勢25名の講師・サポーターを始めとした運営スタッフで創っていきます!
今年はどんなアウトプットが出てくるのか、本当に楽しみです!
 

Hardening ZeroというセキュリティイベントでMBSD賞を受賞しました。

4/21(土)に行われたHardening Zeroという全く新しいセキュリティイベントに参加し、三井物産セキュアディレクション賞をいただきました。
HardeningZero_MBSD賞



▼イベントの概要
ざっくり説明すると以下になります。
  • 全8チームによるチーム対抗戦
  • 1チームは2〜6人
  • 競技時間は8時間
  • 各チームはとあるECサイトの運営を委託される
  • 委託されたECサイトにはたくさんの脆弱性がある
  • 各チームは発見した脆弱性を必要に応じて修正する
  • 運営側が仕込んだインシデントが不定期に発生する
  • 競技終了後に4つの観点(売上、技術、顧客対応、インシデント対応)から採点される
参加者にはセキュリティ競技界隈では著名な方が多数いたらしく、軽くアウェー感を感じていたのは内緒です。


▼方針は「当たり前のことをやる」
このイベント自体が初めてであり、かつ僕らのチームのメンバーはセキュリティ競技に参加するのは全員初めてということで、競技対策というよりは普段当たり前にやってることをそのままやるという方針で挑みました。


▼メンバーと役割
僕らのチームは4名で参加し、以下のような役割で対応しました。
  • @makoga とりまとめ
  • @ajiyoshi プログラマ
  • @masaki925 インフラエンジニア
  • @Akiyah ECサイト管理者
各役割1人ずついれば何とかなるよねと思っていたのですが、思ったよりひどいサイトだったのでめっちゃ忙しかったですw
ただそのおかげ(?)で表彰式や懇親会では「4人であれだけ対応できたのはスゴイですね」と実行委員からお褒めの言葉をいただきました。:)


▼かんばんで情報共有
事前に決めてたわけではないのですが、当日@Akiyahが模造紙と付箋を持ってきてくれたので、会社で慣れ親しんだかんばんで円滑な情報共有ができました。
HardeningDay20120421

「チームで戦っている感じがすごく伝わってきました」や、「競技中に他のチームから見えるところに張り出すなんて斬新ですねw」など、他チームや実行委員からも好評でした。:D


▼競技の結果
ちょっとミスって売上はいまいちでしたが、それ以外は良い結果を残せたと思います。
Sales:                       511,728
Technical Merit:         1,700   1位
Customer Impression: 2,100   1位
Incident Response:     2,200   2位
HardeningZero_参加証明書

実は最初の途中結果発表では総合7位だったので午前中は少し焦ってました。まあ単なるイベントだしそんなに頑張らなくてもいいよねなんてことが頭をかすめましたが、メンバー全員が自ら考え、自ら動いたおかげで後半巻き返しができました。諦めたらそこで試合終了ですよね。


▼まとめ
Webサービスを堅牢にするためには、様々な視点と技術力が必要です。また、限られたリソースでどこから対応していくかのバランスをとることも重要です。
それらに対し自分たちがどのくらいできるのかを試してみるにはとても良いイベントと感じました。
秋くらいにはHardening Oneが開催されると聞いています。少しでも興味もたれた方がいれば、ぜひチャレンジして欲しいと思います。

エンジニアが参加して良かったデザインミニ塾

こんにちは、VOYAGE GROUPの水越(@Akiyah)です。

皆さん、デザインミニ塾というイベントを知っていますか?
デザインミニ塾とは産業技術大学院大学でほぼ毎月開催されているデザインに関する勉強会です。
塾と言っても申し込みをすれば誰でも無料の、毎回デザインの分野で活躍している方を呼んで講演をしていただくという形式の気軽に参加できるイベントです。

私はエンジニアなのですがデザインにも興味があるので、異文化交流と言う意味でもこのデザインミニ塾を2010年頃からちょくちょく見に行っています。大好きで毎月楽しみなイベントです。
思い返してみると2011年末現在までの約2年間で15回参加したようです。

先日、社内勉強会でエンジニアやデザイナー、そしてUX(ユーザーエクスペリエンス)に興味がある人を集めてデザインミニ塾の紹介を行いました。デザインミニ塾の開催案内pdfファイルを見ながら私が印象に残った話を語ると言うスタイルで、質問や意見が出て盛り上がりました。

その社内勉強会のときにまとめた資料があるので、再編集してこのブログにのせます。エンジニア目線で面白かった回をピックアップしました。


第6回
「医療安全への終わりなき挑戦」
~ ヒューマンファクターとインタフェース ~
自治医科大学医学部メディカルシミュレーションセンター教授
河野 龍太郎 氏

この第6回がはじめて参加したデザインミニ塾なのですが、自分の中ではデザインミニ塾で一番良かった回です。
『実務入門 ヒューマンエラーを防ぐ技術』という本の編集者でもある河野 龍太郎 氏の講演で、ヒューマンエラーが起こるわけと、その原因となるインターフェース上の問題を、医療現場、航空機、管制塔、原発などの事例を豊富に紹介していただきました。

B = f(P,E)
B : Behavior(行動)
P : Person(人)
E : Environment(環境)

という式をつかって、行動は人と環境を入力とする関数の結果であり、ヒューマンエラーを人のせいにせず、そのエラーを引き起こした環境に原因があると認識して改善すると主張されています。デザインミニ塾なのに工学やシミュレーションがリスク回避にとても大切だとエンジニアの大切さを主張されていたのが印象的です。

これに近い回では『第24回「ユーザを中心としたものづくり」人間中心設計への取組』で講演された、株式会社 U'eyes Design の鱗原氏のブログである使いやすさ日記もデザインの善し悪しを冷静にマルバツつけていてとても参考になります。


第10回
「公共交通とサイン」
アール・イー・アイ株式会社代表取締役
中村 豊四郎 氏

地下鉄の案内のデザインを行った方の講演です。デザイナーの仕事は華々しいものだとイメージしていたのですが、フォントの性能の測定や配色の視認性の実験など、工学的で地道な作業を聞いて案外エンジニアと似ているんだなと思いました。
普段何気なく接している公共交通の案内図などですが、こういうところにデザイナー達の働きが隠されているのですね。


第16回
「デザインの力を生かすLGの戦略(仮)」
LG Electronics Inc. デザイン研究センター HEB デザイン研究所 常務
洪 思允 氏

LGやサムソンと言った韓国の電機メーカーの名前はもちろん知っているのですが、日本の大手の電機メーカーと比べ物にならないくらいデザインに力を入れていると言う事を聞き、衝撃を受けました。同様の事を『第25回「日本のデザインにまだアドバンテージはあるか? 〜アジアの国々の取り組みと比較して〜」』でも聞いたので、改めて日本以外の国のデザインへの強い取り組みを感じることができます。


第18回
「カラーユニバーサルデザインをはじめとするUD デザイン活動のお話し」
(株)武者デザインプロジェクト 代表取締役/UDソーシャルデザイナー
武者 廣平 氏

カラーユニバーサルデザインの講演です。私は色彩も好きなのでとても興味深い回です。日本人男性の場合は色覚特性がC型以外のP型やD型の人(いわゆる色弱の方ですが、色覚特性と表現されます)が20分の1もいる事を知り、この話を聞いてからP型D型の人が見づらいかもしれない単純な赤を使う事ができなくなりました!(その代わりに少し青が混じったオレンジを使ったりします)


第19回
「「共感」から発想するデザインコンセプト~オブザベーションのご紹介」
株式会社インフィールドデザイン 代表取締役
佐々木 千穂 氏

相手に共感してデザインするオブザベーションという手法とともに、『私は三年間老人だった 明日の自分のためにできること』という本を紹介していただきました。26歳のデザイナーが老婆の特殊メイクをして街に出てみたら、若い自分が受けているのと全く違う対応を社会から受けるという衝撃的な本です。
相手に共感すると言うのはこういう事か、と同時にここまでしないと立場の違いはわからないのか、とショックを受けました。


第21回
「異文化市場のお客さんの頭の中を探ろう ローカリゼーションマップの試み」
モバイルクルーズ株式会社代表取締役
安西 洋之 氏
テツタロウデザイン代表
中林 鉄太郎 氏

ローカリゼーションマップという概念についての回です。地域毎の考え方や文化の違いの事をローカリゼーションマップというようです。例えば女性がコンビニに行くとき、日本人なら日焼け止めクリームや乳液、フランス人なら香水、アメリカ人ならアイメイク、と言った違いがあるのだそうです。その他にもメキシコではマルちゃんが国民食として、メキシコの食材とあわせて調理して食べられているというローカリゼーションマップの成功例も紹介されました。これらは『「マルちゃん」はなぜメキシコの国民食になったのか? 世界で売れる商品の異文化対応力』という講演された安西氏と中林氏の本でも紹介されています。



さて、いかがでしょうか。興味が出てきた方もいるのではないでしょうか。
実は参加するにはpdfにかかれているメールアドレスにメールを送らないといけないのですが、デザインミニ塾の次回の予定は産業技術大学院大学のトップページにお知らせが書かれてから知る事ができるという、すこしややこしい方法なのです。興味がある方は次回から申し込みでくじけずにぜひ参加してみてください。

記事検索
QRコード
QRコード