VOYAGE GROUP エンジニアブログ

voyagegroup_techのブログ
VOYAGE GROUPエンジニアブログです。

インターン

Treasure2011開催!!

treasure

こんにちは。
ECナビ 人事の佐々木寛(@339)と申します。

ECナビ インターンシップ募集開始 ~ミチをソウゾウせよ~」で告知していましたが
もの創り実践プログラム【Treasure】」が8月15日(月)からスタートしました!

さて、本日で【Treasure】開始してから3日目になるのですが、これまでの講義内容は・・

▼初日
・ガイダンス
・環境について
 ・エディタ
 ・開発環境
 ・subversion

▼二日目
・HTML/CSS

▼三日目
・DB

となっています。

今年も未経験者~経験者まで幅広く参加しています。
未経験者はまだまだ環境に慣れなかったり、subversionでつまづいたりしていますが、少しずつターミナルでの作業がスムーズに行えるようになってきているようです。

Treasureでは講師やTA(Teaching Assistant)からはヒントを出したり、間違いを指摘したり、分からないことを教えはしますが、基本的に自分で書くをモットーとしています。
理由はシンプルで、自分で書かないと覚えない・身に付かないと考えているから。


4週間のTreasureを受講し終わった頃、どれだけの成長をして、どんなアウトプットをするのか。とても楽しみです。
圧倒的な成長を目指して、まずはひとつひとつ、基礎からしっかりと学習していきます。

※Treasure2011のtwitterハッシュタグは #Treasure2011 です。インターン生やTAがリアルタイムにつぶやいています。


講義イメージ
treasure2


ECナビ インターンシップ募集開始 ~ミチをソウゾウせよ~

こんにちは、 システム本部の吉村と申します。
ECナビでは仲間と共にゼロから'もの創り'を実践するインターンを毎年夏に開催しており、今回で6回目となります。
開催期間は、2011/8/15(月)から2011/9/9(金)までです。

詳細は、もの創り実践プログラム「Treasure」|ECナビ インターンシップ ~ミチをソウゾウせよ~ をご覧下さい。

ECナビ エンジニアブログの執筆者たちも、 インターンのサポートを行ないます。
またインターン期間中は、CEO,CTOからの話や現役エンジニアへの質問コーナーを企画しています。
圧倒的に成長したいあなたのエントリーをお待ちしております。

昨年のインターンの様子は、過去エントリーをご覧下さい。 

Treasureを経験して感じたインターンシップの価値

はじめまして。ECナビでインターンシップ中の坂田(@huin)といいます。

インターンシップ生ということでテクニカルな話には自信がないので
現在参加中のインターンシップの内容とその中で感じたこと+α
について書いてみたいと思います。

インターンシップでやっていること

僕が参加しているのはTreasure【実践篇】で、
夏に開催された理系インターンシップTreasureの発展編になります。
(夏のTreasureの様子はfacebookのファンページを御覧ください)

夏のTreasureではHTML/CSS, PHP, MySQLを中心に
Webプログラミングの基礎を勉強したのですが、
【実践篇】では実サービスの開発・運用に参加させてもらっています。

僕はECナビ子会社のPeXで共同購入型クーポンサイト「グルピ」のお手伝いをしています。

グルピはRuby on Rails(RoR)で構築されているので、
Webアプリケーションフレームワークの勉強には非常に良い環境です。

といってもRubyもRailsも知識ゼロからの勉強なので
RubyとRoRのリファレンスとグルピのソースコードをひたすら往復しながら勉強しています。
そのため、頑張って書いた処理が実はメソッドで用意されてたなんてこともあり
その度にため息つきながらソースコードを書き直してます。

ということで、インターンシップでどのようなことをやっているかはこれくらいにして
インターンシップの中で感じたTreasureのメリットについて挙げてみようと思います。

インターンシップの中で感じたこと

1. 実際に動いているサービスのソースコードを見ることができる

実際に動くプログラムのソースを見て仕組みを理解するのは
プログラミングの勉強をする上で効率的な方法だと思います。

SourceForgeやgithubなどを探ればオープンソースのソフトはたくさんあるのですが、
わからない部分について直接教えてもらえるという点では
独学でやるよりも早いのではないかと思います。

2. 自分の書いたソースコードにフィードバックがもらえる

僕は(一応)情報・通信分野を先行している大学院生ですが、
実は大学の授業や研究で書いたソースコードを
レビューしてもらったことはありませんでした。(うちが特殊なだけですか?)

実サービスの開発をやっているので当然ですが
今回のインターンシップでは自分の書いたソースコードについて
しっかりとフィードバックがもらえています。

フィードバックでは"さらに"良い処理・書き方というのを
意識することができるのでこれも効率的に勉強するための良い手段だと思います。
また、より良い書き方を知ることでプログラムを書くモチベーションが上がります。(僕の場合)

友達同士で同じ場所で意見交換しながらプログラミングするのでも
良いのではないかと思います。

3. 先輩エンジニアとの交流

僕は現在大学院修士の1年で、就活の真っ最中だったりします。

インターンシップをしているだけあってエンジニアとして働きたいと思っているのですが
どんな企業で働くかというのはとても迷いどころです。

ECナビに限った話ではないですがECナビには
他の会社から転職してきたエンジニアの方もいるので
大手 or ベンチャー、B2B or B2Cなど
どういった会社にどんなメリット・デメリットがあるのかという情報や
エンジニアとしてのキャリアパスなどを聞く機会があります。

こういった話は重要な割にまとまった情報がないので
インターンシップに参加してよかった!と思える部分です。

+α

実はこれが個人的には一番重要な部分なのですが
ECナビではECナビ本体や子会社で
PeXやグルピを始めとして色々な事業・サービスをやっています。
そのため、開発に参加しているのはグルピだけですが、
他の事業についての情報も知ることができたりします。

色々な事業・サービスのビジネスモデルについての情報が得られるというのは
これも、就活やキャリアパスを考える上でとても参考になっています。

まとめ

エンジニアとしてスキルアップができるインターンというのはもちろん重要ですが
それと同じくらい、志望する業界の情報やビジネスモデルなどを知ることも大事だと思います。

そういう意味では夏のTreasureに現在の【実践篇】と、
ECナビのインターンシップに参加したのは本当に正解でした。

もし、来年度から就活が始まるという人で
プログラミングの勉強がしたいとかWeb業界で働きたいという人が入れば、
ぜひECナビのインターンシップに参加することをオススメします!!

創造力発掘プログラムTreasure終了!!

こんにちは。株式会社genesixの上杉(@unlearned)です。
ECナビ夏の創造力発掘プログラムTreasureが終了しました。
私は前半の講義に講師として2週間みっちりと参加させていただきました。

学生さんとともに過ごせた長いようで短かったこの1ヶ月間。
参加者のみんなに「本当に充実した!」と思ってさえもらえれば悔いなく死ねるってもんです。

教える側としてもいろいろ勉強になりました。
間違った情報を教えないように、見直しを繰り返したり、よけいな情報を与えて混乱させないようにしたり。
基本的な知識はなるべく最初に持ってきて丁寧に説明したり。
自分の知識も整理された感じです。

中間発表・最終発表の際には、こちらまで緊張して胃が痛くなりました。

P1060968
P1060964
P1060923

体力的にも、能力(脳力?)的にも大変な一ヶ月でしたが、笑い声の絶えない、すばらしいインターンシップになったかと思っております。

教材のレビューをしてくれたり、サポーターを買って出てくれたエンジニアの同僚達、
TAをやってくれた昨年のTreasure参加者、叱咤激励していただいた人事のみなさん、
そしてなにより今年Treasureに参加してくれたみんな。

みんなのおかげで創造力発掘プログラムTreasureが実現できました。
本当にありがとうございました!

開発未経験なのにみるみる力をつけていく学生さんをみていると、
エンジニアとして、自分ももっともっと勉強していかなければならないと感じます。

最後に一言、本当に楽しかった!!

Treasure開催中!!(その4)

こんにちわ。システム本部の吉村(@yes2339)です。
インターンTreasure開催中!!(その3)!! の 続編となります。
後半は、前半の講義とは異なり4人ずつのチームで開発を行なっています。
期間内にWebサービスを作成するのが目標です。

後半の内容
・チーム名を決定
・作りたいサービス内容の決定
・モデリング・設計
・プログラミング
・最終発表

各チーム色紙にチーム名・メンバー名を記載しました。
P1060876
P1060845
P1060843
P1060842
P1060841

プログラム経験者も未経験者も共に
自分達の作りたいサービスへアイデアを出しあい開発しています。
いよいよ明日が最終発表となります。


今回のTreasureのTwitterのハッシュタグは、 #treasure2010 です。
記事検索
QRコード
QRコード